インポ以外にも早漏にも効果がある?

インポ以外にも早漏にも効果がある?

インポで悩んでいる人の中には早漏だという人もいて原因が共通していることで起きるものであり、ED治療薬の服用で改善される可能性があります。

先天性で早漏である場合は機能的な問題である可能性が高いので十分な効果が出るかは体質に左右される場合があります。

以前はなかったのに後天的に早漏になってしまった人の多くがストレスや疲労に過剰に期待されていることに対する不安や緊張などがあります。

これらはインポの原因としても考えられることでED治療薬を服用することで精神的な面が楽になり、過敏な状態がやわらげられて持続しやすい状況にしてくれることで改善が期待できます。

レビトラは特に勃起を持続させるのに適したバルデナフィルが有効成分として使われていて、海綿体への血流が良くなるよう血管を拡張させるcGMPという物質を増や作用があります。

さらに、cGMPを壊してしまう酵素であるPDE5を阻害してくれることが早漏の予防としても期待できる成分です。

敏感になり興奮の度合いが強すぎる人はED治療薬を服用するだけでなく、自律神経をリラックスできるようにして強い刺激を意識しすぎないようにすることも必要です。

インポだと勃起できたときに萎えないうちに射精を済ませたいと焦ってしまいがちですが、ED治療薬が作用している間は心配する必要がありませんから不安に感じ過ぎずに性行為に臨みましょう。

早漏の改善にも期待が持てるレビトラはほかのED治療薬よりも即効性がありますから、性行為を行う20分前位に飲むことができればよく作用する長さも十分です。

5mgより10mg以上だと長時間有効性がありますが、5mgでも4時間から5時間程度は薬の効果が期待できます。飲んでも性的興奮がなければ勃起しないので、効果が持続する時間も考えて飲みやすいタイミングで早めに飲んでいても問題ありません。

糖尿病の人の場合は血流や成分の浸透具合から20mgのものでないと十分な効果が得られないことがあるので、医師に糖尿病であることを伝えて処方してもらう必要があります。

合併症などで血管や血圧さらには心臓などに問題がある場合には服用できない可能性があります。

女性を満足させられなかった経験があると同じ状況になったときに思い出してインポになってしまうことがありますが、気にしすぎるのではなく大丈夫だと自信を持つことが大切で、パートナーにも協力してもらい改善を目指すと精神的な負担が楽になります。