ED治療薬のレビトラの成分

ED治療薬のレビトラの成分

インポに悩みがあってED治療薬の処方を受けたいときできるだけスムーズな作用を期待したいのであれば、レビトラの処方を受けると他の薬よりも血中濃度が短時間で高まりやすいので有効的です。

レビトラは日本でED治療薬として2番目に承認されている薬で有効成分として使用されているのはバルデナフィルです。

他の薬で使われている成分よりは水などに溶けやすい性質を持っているので、飲んでから45分程度で作用し始めて勃起のサポートをしてくれるので性的興奮があれば勃起しやすくしてくれます。

また、それだけでなく、勃起を治めてしまう働きをする酵素の働きを阻害してくれる効果がるため勃起の持続にも役立つためインポの悩みを解消してくれます。

性行為の1時間前くらいに服用するとちょうど良いタイミングで成分が作用してきてくれますが、空腹時のときは30分くらい前でも十分に効果が期待できます。

食事の影響を受けない薬だとレビトラはいわれていますが全く影響を受けないものでは無く、食べすぎたところに薬の成分が入れば吸収効率は空腹時に比べれば落ちますから、暴飲暴食は避けて軽めの食事内容にしておいた方が安心です。

成分量が少ない方は5時間程度、多い方は10時間程度体内に残って作用しているので続けて飲むようなことはせず24時間程度は間隔をあけた方が無難です。

飲み過ぎて血中濃度が高まり過ぎてしまうと体に良くなくて顔のほてり程度ならいいですが頭痛や動悸などが起きると大変なので控えましょう。

糖尿病や高血圧に動脈硬化などがある人はいしによく相談して利用を行う必要があって、成分量が少ない方では聞かない場合があったり、逆に副作用が出やすくなったりする可能性があるので注意が必要になります。

レビトラと一緒に服用できない薬があって水虫がひどいときに処方される内服薬や不整脈の薬などの一部が併用禁忌薬になっています。

もし持病があり治療中の人はED治療薬が欲しいからと隠すのではなく病気の内容と飲んでいる薬を伝えて飲むことができるものを処方してもらいましょう。

薬を処方してもらったらどれくらいで効き始めるか体質によって差があるので、一度飲んで試してみると安心です。

インポであることを気にしすぎないで、ED治療薬を利用すれば改善される人が多くいるのですから、性行為前に緊張しすぎないようにしましょう。

処方を受けても飲まなくて期限が切れているものは効果が十分でなくなっている可能性があるので、新しいレビトラを処方してもらって使った方が良いです。