ED治療薬のバイアグラの成分

ED治療薬のバイアグラの成分

インポでお悩みの方はSEXを諦めなければいけないのでしょうか?それは違うと言えるでしょう。ED治療薬である”バイアグラ”を使えば、誰でもSEXに励むことができます。

それでは成分、効果について詳しく話していきましょう。まずバイアグラというのは世界で最初に出来たED治療薬。有効成分はシルデナフィルクエン酸塩というもので、元は狭心症の薬として使用されていました。

しかし、臨床試験を繰り返していくと勃起不全に効果を示すことが分かってきたのです。そもそもインポになる原因というのをご存知でしょうか。勃起の仕組みから紐解いていきましょう。

まず脳が性的刺激を受け取ります。そうすると、脳の指令でペニスに大量の血液が送りこまれ、ペニス内のスポンジ状の部分である海綿体がその血液を吸うことで勃起が完成。その後興奮が収まるとPDE‐5というものが発生し血液の流れを抑えます。

これが勃起してから元に戻る一連の流れです。バイアグラはこの流れの中で重要な2つの部分に働きかけます。

まず血管拡張。勃起が上手くいかない人の原因は血流が悪いことの場合が多いです。血流が悪いと勃起に必要な血液が送られず、不完全な勃起になってしまいます。そのため血管拡張効果は完全な状態にするためには欠かせません。

次に重要な効果としてPDE‐5を妨害する効果があります。もし勃起がしっかり出来ても10分程度しか持続しないのならSEXを楽しむことは出来ませんよね。

しかし、PDE‐5妨害効果により4‐6時間もの持続を可能にしています。とはいえ、気になってくるのは安全性や副作用。

安全性に関しては保証されているといっても過言ではありません。その理由として、国が処方箋医薬品をして認めております。危険な薬品であれば国に医薬品として認められることはまずないでしょう。

また副作用については個人差にもよりますが”有ります”ですが、用法や用量を守っていれば、重い症状を心配する必要はありません。

多くの方に起こっている症状としては、火照り、目の充血、鼻づまり、動悸、頻脈、軽い頭痛などが挙げられます。これらは血管拡張作用によるもので、バイアグラの効果が切れていくと同時に改善されていくので安心してください。

ただ硝酸剤を併用してしまうと、命に関わってきてしまうので注意が必要です。如何だったでしょうか。バイアグラは飲むだけで30分程度で効果を発揮し、SEXの喜びを思い出させてくれる頼れる味方です。

もしインポでずっと悩んでいるのであれば、一度試してみると世界が変わるかもしれません。